自分では気が付かなかったデリケートゾーンの黒ずみにショックを受けました。

自分のデリケートゾーンをあえて見ることありますか?自分で言うのものなんなんですが、グロテスクですよね。彼氏がいたり、気になる人がいる時には、自分磨きに頑張ったりするんですが、そんな色っぽいこともなければ見えないところはどうでもいい的な気持ちになります。

 

ところが、昨年、自分のデリケートゾーンを見る機会があったのです。それは、痔の手術をしたときのことです。手術後もしばらくは傷に軟膏をつけておかないといけないのですが、入院中は看護師さんがその都度ガーゼを取り替えて付けてくれていました。退院近くになって看護師さんに、「しばらくは自宅でも自分で付けてください」と言われました。

 

処置室で傷の場所を鏡で見せられて、ここに付ける様に言われました。自分のデリケートゾーンをこんなにしっかりと見たことはなかったのであまりにも汚くてびっくりしました。肌が黒ずんでいてショックを受けました。その後は怖くて見てもいません。場所が場所だけにどうしたらいいかも分かりません。今のところ、見せる相手もいないので真剣に悩むというほどではないのですが、今後そんな相手ができたらと思うと心配です。

 

せっかくいい雰囲気になっても、ちょっと消極的になってしまいそうです。ネットで調べてみるとデリケートゾーンの黒ずみはメラニンが原因なのだそうです。メラニンと言われると日焼けが原因で増えてしまうのではと思いましたが、下着などで擦れることも原因になるそうです。色を薄くするためのクリームや石鹸などはあるようです。試してみる価値はあるのか、もう少し調べてみたいと思っています。

 

 

>>女性のほとんどが使っているクリームとは<<

 

>>もっとデリケートゾーンの事を知りたい人はこちら<<