性病は恥ずかしがらずに病院!においの対策

過去に何回かデリケートゾーンが痒くなり、性病かと焦って病で診てもらったことが2回ありますが、いずれも生理のナプキンや蒸れによる痒みでした。後は膣付近に白い粕があるのを見つけたことがあり、カンジダかも・・・と思いましたが結局は恥ずかしながら垢でした。そのときまだ高校生になったばかりくらいで何も知識もなく、男性経験もなく不安で頭がいっぱいでした。

 

カンジダかもと思ったとき病院で検査してもらったのですが最初は怖いし、男の先生に見られる恥ずかしさがありました。検査方法は綿棒のようなものを膣に入れられそれを顕微鏡?で検査、その後性病ではありませんでしたが一応膣剤と軟膏を処方されました。膣剤はそのまま入れようとすると痛いので軟膏で滑らせるようにと看護士さんから教えて頂きました。性病も性行為をしてなくても感染するものもあるので心配ですが、恥ずかしがらなくていいんですよね。

 

現在は黒ずみとにおいが気になるんですが、においは毛をなくしたら気にならなくなりました!毛に雑菌が繁殖しにおいを発するようです。脱毛が一番いいですがお金がかかるので私は剃ってますが伸びてくるとチクチク痒くなりますし、カミソリで切ってしまいそうで毎回怖いので近いうち脱毛しようと考えてます。ブラジリアンワックスでやってもらうと痛みも少なく一回でかなり綺麗に脱毛できるらしいです。

 

あと黒ずみですが対策というかこれ以上黒くならないように締め付けの強い下着は履かないようにしています。摩擦で黒くなってくるので家にいるときはゆるくなった下着を捨てずに使ってます。ノーパンでいるっていう芸能人もいますが、やっぱり落ち着かないですし衛生的に良くないと思いますね。

 

 

>>女性のほとんどが使っているクリームとは<<

 

>>もっとデリケートゾーンの事を知りたい人はこちら<<