毛の猛攻に苦悩する日々。

デリケートゾーン。それは誰にも言えない悩みの巣窟です。びらびらが肥大化しているとか、時々かゆくなるとか毛が穴のきわのきわまではえているとか。ええ、全部私の悩みです。びらびらが肥大化したのは仕方ありません。きっとさわりすぎたのでしょう。時々かゆくなるのは仕方ありません、不衛生だったのでしょう。
しかし、毛よ、お前だけは許さない。もともと体毛が濃い星の元に生を受けたとはいえ、お前はどこまでも濃く、どこまでも強い。社会人になったこともあり、デリケートゾーンの脱毛に一年通いました。が、まだ生えています。そして、脱毛では毛の際の際までは対応できないのですね。この毛のせいで私のデリケートゾーンは常にかゆみを帯びているし不衛生でもあります。

 

全部除毛しようものなら、翌日のかゆみやかぶれのひどさ。どうすればよいのでしょう。特に際の際の細く伸びる毛たち。脱毛に行く前は毛抜きで抜いたりしていました。だってかゆくなるんだもの。抜くときの痛みとかゆみとであいまって気持ちいいんですよ。毛抜き最強。脱毛時は毛抜きNGのため我慢しましたが、現在も抜きたくて仕方ないです。根絶やしにしたい。

 

そこに必要だから毛は生えるのだ、と聞いたことが幾度となくありますが果たして本当にそうか。この毛のせいでデリケートゾーンはかゆみをおび、排泄物が毛に絡まり、自宅の冷蔵庫の中にまで入り込むほどの猛攻を受けてなぜそこまで毛が大切だといえるのか私には謎でした。最近ではVIOの脱毛が流行していますが、いいぞもっとやれという感じです。

 

ただ、あの際のやつ。細くなるまではいい。なぜ消えてくれない。なぜ消えてくれないのか。私はいつまでこの毛と戦い続けるのか、現在も謎のままである。そしてかゆいです。

 

 

>>女性のほとんどが使っているクリームとは<<

 

>>もっとデリケートゾーンの事を知りたい人はこちら<<