友達同士でも話しにくい…デリケートゾーンのムダ毛処理ってどうしてる?

最近、電車の中などで脱毛サロンの広告を目にする機会が増えました。また、ハリウッドセレブの美容法やライフスタイル等が広く認知されるようになるにつれて、日本では数年前まで語られることすらなかったデリケートゾーンのムダ毛処理をすることが女性のたしなみとして広がり始めています。

 

確かに、デリケートゾーンのムダ毛処理をすることで、水着を着るときなどに気にする必要はなくなるし、生理の際の蒸れを防止したり、雑菌の繁殖を抑えて清潔に保つことができる等のメリットがあります。ただ、日本は決して制に関してオープンなお国柄とは言えませんから、母親や同性の友人とデリケートゾーンのムダ毛処理について話したことがある人は少ないのではないでしょうか。となると、いざ処理しようと思っても方法が分からない、分かったところでなんだか怖いなんて思って、結局足を踏み出せなくなってしまいますよね。

 

私自身、興味を持ちながらもなかなか一歩を踏み出せずにいたひとりでした。しかし、生理の時の蒸れやおりものに悩まされるようになり、デリケーゾーンの脱毛について真剣に検討を始めました。

 

まず考えたのは、脱毛サロンでの処理です。一度処理してしまえばその後は処理をする必要はないし、プロにお任せするので安心安全です。また、最近は脱毛サロンの施術料金もかなりリーズナブルになっていますから、金銭的にも現実的です。ただ、私はやはり、女性とはいえ知らない人にデリケートゾーンを見られるのが嫌でした。想像するだけで、かなり恥かしい…。

 

それに、色々なクチコミをみると、デリケートゾーンであるがゆえに、際どい部分(粘膜に近い部分など)については施術をしてもらえないこともあるということが分かりました。とすれば、結局自分で処理する方法を探さなければならないと思い、脱毛サロンは諦めました。次に検討したのはシェーバーでの処理ですが、足や腕の毛と比較すると硬くて太いデリケートゾーンのムダ毛を十分に処理するのは難しく、また、かなり剃りにくい部分もあり、怪我をしそうだったのですぐにやめました。

 

そして見つけたのが除毛クリームです。除毛クリームは、肌表面に出ている毛を溶かすので、肌に多少のダメージがあることは否定できません。しかしながら、最近は肌が弱い人でも使えるものがたくさん出ていますし、事前のパッチテストをしっかり行うことで、トラブルの発生はかなり抑えられると思います。除毛クリームを使えば、クリームを塗った部分の毛は抜けていきますから、剃り残しはほぼありません。

 

剃り残し部分だけをシェーバー等で処理することもできます。また、除毛後、次にムダ毛が生えてくるまでにはかなり時間がかかりますから、毎日処理をする必要もありません。処理をした部分は、驚くほどつるつるになります!自分に合った除毛クリームを見つけて、是非チャレンジしてみてください!

 

 

>>女性のほとんどが使っているクリームとは<<

 

>>もっとデリケートゾーンの事を知りたい人はこちら<<