デリケートゾーンの毛穴の詰まりについて

デリケートゾーンは、絶えずおりものに汚されているし生理の経血でも汚染され綺麗な場所とはいえないとは思います。

 

変な話ですが陰毛も生えている為毛穴がつまりやすい状態にはあり、それでも、毎日のケアをして清潔に保っているのですが、年齢を重ねるにつれホルモンバランスの乱れ等で、おりものの性状が変わってきたのか、数年前から生理やおりものの量等の関係なくデリケートゾーンの4か所に決まって膿痂疹が出来るようになりました。

 

今も、一か所直径2pほどの大きな膿痂疹が出来ていて、座ったり下着がこすれたりするときに痛みがあります。

 

排膿し薬を塗るしか治療する方法はないと思い、膿痂疹が出来ると、お風呂上りに姿見にデリケートゾーンを映して消毒をした後、消毒した針でついて排膿します。

 

一回の排膿ではよくならないので、3回〜4回、排膿しては薬を塗るという行為を繰り返すと、痛みもなくなり腫れもひき、赤身もなくなるので、一応完治したという事になるのですが、そうしないうちに、今度は別の場所に新たな膿痂疹が出来てしまいます。

 

ニキビでいう芯が残っているのか何なのか。デリケートゾーンの膿痂疹を皮膚科や婦人科等の病院に行ってみてもらうしかないのではとも考えましたが、治療を受ける姿を想像するだけで恥ずかしくてたまらず、結局、受診も出来ず、今まで自己流で治療をしてきていました。

 

デリケートゾーンの話はタブーという風潮がありますが、デリケートゾーンに膿痂疹が出来るなんて話は更にタブー、絶対に他人や家族には出来る事ではありません。

 

これからも同じように自分で治療するしかないかなとは思っていますが、、何度も同じ事を繰り返していたら、デリケートゾーンに膿痂疹の跡が黒ずみや色素沈着として残ってしまうのではないかと心配です。

 

 

>>女性のほとんどが使っているクリームとは<<

 

>>もっとデリケートゾーンの事を知りたい人はこちら<<