他人と比べられないからこそ気になるデリケートゾーン

デリケートゾーンの話は、タブーのような気がして誰かに話すこともないですが、気になる事はたくさんあります。なかでも気になるのはやっぱりにおいです。デリケートゾーンは独特のにおいがする印象なので、昔は気にする事はありませんでしたが、思春期を過ぎた頃から気になるようになってきました。徐々に強くなってきている訳ではありませんが、最近は少しにおいが強くなってきたようにも感じます。

 

朝起きた時布団の中ににおいが残っていたり、服を着ていても自分が動いた時ににおいを感じ、一日着ていた服にはにおいが移っています。おりものが多いわけでも色が変という訳でもないと思うですが何故かにおいが強い気がします。生理前とかエッチの後とかでにおいが強くなるわけではないし、40歳を過ぎてホルモンバランスが変わってきたことで、おりものの成分が変わってしまったのか閉経前だからなのだろうか、女性器疾患も気になるので、婦人科を受診をするのが一番いいのかなとは思うのですが、病気といわれるかもと考えると怖くて受診も出来ません。

 

今、自分の感じるにおいが他人に不快を与えているのか他の人と変わらないのか、他人にはこのにおいが伝わっているのか、勿論、他人や家族に聞くわけにもいかないので、結局、ネットや雑誌でしか情報が得ることができません。似たような状態を見つけて納得しているのですが、はっきりした答えが分かる訳ではないので気になって、最近は、エッチをする時に相手がくさいと思っているのではないかと考えるようになりました。今は、おりものシートを常時つけ、デリケートゾーン専用の石鹸で毎日のケアをしていますが、とりあえず毎日のケアに膣洗浄もプラスしてみようかと考えています。

 

 

>>女性のほとんどが使っているクリームとは<<

 

>>もっとデリケートゾーンの事を知りたい人はこちら<<