女は強いと思いました。

38歳の専業主婦です。
20代後半に、美容皮膚科で勤務していました。受付と診療補助をしており、一般の皮膚科の補助と美容の方ではエステティシャンのお手伝いもしておりました。レーザーで顔のシミを取ったりするのが多かったのですが、医療レーザー脱毛もしており、そちらを希望する患者さんもいました。かなり他のエステと比べるとかなり高額であったので、たまにしかアシスタントに入れなかった為、そのたまにが楽しくて仕方なかったのを覚えています。

 

私はすでに20代前半でレーザーで脱毛は終わっていました。普通の脱毛専門サロンです。ですが、ブイライン、アイライン、オーラインと言ったデリケートゾーンに関してのムダ毛は、ナチュラルを貫いていたのです。クリニックに来る患者さんは、Vラインはもちろんの事、IラインやOラインの脱毛も希望されます。施術代の上に寝てM字開脚で、そこにエステティシャンの顔がま近くに‥。

 

衝撃の絵でした。お産です。これは。患者さんも、めちゃめちゃ痛がっているのもあり、お産感は一層増していて痛々しかったです。 私がした、フラッシュ脱毛は、ほとんど痛みがなかったので、なんでわざわざ高いお金を払ってまで、痛い脱毛に来るのだろうかととても不思議でした。考えてみると、お金持ちの方が多かったです。

 

普通のOLさんとかよりも、水商売や風俗の方が多かったです。風俗の方は職業柄分かるのですが、水商売のお姉さんもデリケートゾーンの脱毛ってわざわざするんだなぁ‥と思いました。しかも、デザインが選べるんですよね。マツエクみたいに自分の好きなデザインに。小さな逆三角形や、海苔みたいな縦長あとはハートとか。ハートとかとなれば、ネタだと思います。

 

 

>>女性のほとんどが使っているクリームとは<<

 

>>もっとデリケートゾーンの事を知りたい人はこちら<<