やはり病院はすごい

夏、私は無条件でデリケートゾーンがかぶれやすいです。家にいる時はいいのですが特に仕事をしていて中々トイレに立てない時、汗をかいても涼む時間がない時とかちょっとしたことですぐかぶれます。大体かぶれ具合が軽ければ夜お風呂入って寝れば起きた時には治っているパターンが多いのですが、かぶれが酷い時が問題です。汗も原因の一つだと思いますが私はおりものが多い時によけいかぶれが酷くなります。なのでパンツが汚れるのが嫌でおりものシートをします。ですが、パンツが汚れない代わりにかぶれは全くよくはなりません。

 

そこで私が思いついたのは、安易ですが市販のデリケートゾーンの薬です。早速買って使いました。塗った直後はまぁまぁかゆみはなくなりましたが時間が経つとまたかゆみが復活するのです。塗る→かゆみなくなる→時間経つ→かゆみ復活…の繰り返しでした。かぶれが酷いから治るのにきっと時間がかかるのだろうと思いながら一週間がたち、さすがにつらくなった私は意を決して婦人科を受診しました。

 

先生から「結構ひどいかぶれだけどどれくらい放っていたの?」と聞かれ、私はおりものシートと市販のデリケートゾーンの薬の事を話しました。すると先生は「いやぁーまんまと会社の陰謀にはめられたねーまずおりものシートなんかしたらかぶれはひどくなる一方だよ。」と言い出し、そこから10分くらいおりものシートと市販のデリケートゾーンの薬がいかに良くないか、少しでもかぶれたら早めの受診をという説明を聞かされました。

 

いくら市販でも薬は薬ですし…おりものシートだって悪いものではないと思うのですが、とにかくすごい力説でした。そして婦人科で塗り薬を処方してもらい、家に帰りました。結局病院も塗り薬じゃんと思いつつ、お風呂上りに処方してもらった薬を塗って先生に言われた通りおりものシートもしないで寝ました。起きてびっくりでした。なんと、一夜にしてかぶれが治っていたのです。本当にびっくりでした。先生が説明していた事が全てではないでしょうが、でも何かあったらすぐに受診しようと思いました。

 

 

>>女性のほとんどが使っているクリームとは<<

 

>>もっとデリケートゾーンの事を知りたい人はこちら<<